書斎に置く本棚を考えてみよう!おすすめスタイル5選

明るい部屋の壁一面に同一の大きさの棚が。本を並べるだけでなく飾る要素も重きが置かれているスタイルです。

書斎というよりは壁面を開口部に沿って一面に置かれた本棚。本の数も多くたくさんしまいたい人には収納量が重要ですね。

ダークなイメージでシックにまとめられた空間に囲むような本棚が。芸術的な本など紫外線を気にするような本の保存にもおすすめです。

出典: media-cache-ak1.pinimg.com

まるでお城の中のような重厚感溢れる空間のあらゆる場所に棚がつけられ収納量は抜群。吹き抜けの2階の回廊も本棚があってお店のよう。

出典: takeovertime.tumblr.com

壁面の壁に収納量ある大型の本棚兼収納。可動式の壁で表情も変えられ実用的。しまう本の高さを揃えると美しく見えます。