オーガニックと無農薬の違いって何?選ぶ前に知っておきたいコト

オーガニックについて

出典: www.siani.se

「オーガニック」とは日本語で「有機」や「有機栽培」のこと。なので「有機米=オーガニック米」ということなんです。

「オーガニック」や「有機」と付いた農産物は、農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・生物など自然の恵みを生かして栽培されているものを指します。

オーガニックの目的は「食品の安全」だと思っていた方、私以外にもいらっしゃるのではないでしょうか?食の安全ももちろん大事ですが、オーガニックにする目的は他にもいくつかあります。

農薬や化学肥料を使わずに水や土や大気を汚染から守ること、自然の動植物を守り自然のままの食物連鎖を目指すこと、適地適作・地産地消で地域の文化を大切にすることなど、オーガニックは多くの目的が合わさった取り組みなんです。

出典: www.w-mama.com

日本では有機食品のJAS規格に基づいて、登録認定機関の厳しい検査をクリアした事業者のみが、この有機JASマークを貼ることができます。

認定を受けるには、「収穫前3年間以上は農薬や化学合成肥料を使用しない」など、いくつもの条件をクリアしたしなければならないことを考えると、このマークが食材選びのひとつの目安になりそうですよね。

有機JASマークについてもっと知りたいという方は、下記リンク先をご覧ください。

有機食品っていいね!

出典: modernfarmer.com

「オーガニック」と書かれていれば「無農薬」というわけではありません。有機栽培では、JAS法で許可されている数十種類の農薬は使うことができるんです。

化学合成農薬や化学肥料を使わないぶん、他の農作物より安全性が高いのはもちろんなのですが、「オーガニック=無農薬」というイメージは間違いですので、ご注意ください!

無農薬について

出典: www.peta.org

農林水産省のガイドラインによると、現在は「無農薬」という表示は禁止されています。

それは「無農薬=農薬を一切含まない農産物」だと誤解を受けてしまうためだそう。実際には、前年に農薬を使っていれば土に残っている可能性もありますし、隣の畑から飛んでくる可能性もありますよね。

また収穫前3年間以上は農薬や化学合成肥料を使用せず、厳しい基準をクリアした「有機JAS」の表示よりも、「無農薬」の方が優良だと誤認されていることも原因のひとつだそうです。

出典: ibaraki-shokusai.net

現在は、農薬を使用していない農産物には「農薬:栽培期間中不使用」と表示されるようになりました。また、農薬や化学肥料の量が規定以下に制限して生産された「特別栽培農産物」という基準も新たに設けられています。

みなさんもスーパーなどで、特別栽培農産物を見かけたことはありませんか?表示の意味を知っていれば、買い物の際に役立ちそうですよね。

食品以外のオーガニック製品

出典: antiagingblog.link

驚いたことに、現在のところ日本ではオーガニックコスメの基準はないそうです。例えば、ほんの少しオーガニックのエキスを入れただけで「オーガニック化粧品」 と表示しているケースもあるそう。ちょっとビックリしてしまいますよね。

一方、海外には各国オーガニックコスメに関する厳しい基準とそれをジャッジする認定団体があります。ただ、団体によって基準が異なったり、認定されたからといって合成成分が全くのゼロというわけではないそうです。

オーガニックコスメの選び方

こだわってオーガニックコスメを買う際は、全成分をチェックしたり、そのメーカーのこだわりを調べるのもひとつの基準になりそうです。また、海外の認証を受けているものもあるので、認証マークをチェックするのもオススメです。

出典: annukka.com.au

オーガニックコットンは肌に良いというイメージ、ありませんか?実は原料の段階ではオーガニックコットンも普通のコットンも変わりはないそうです。では何が違うかというと、環境や人への負荷なんです。

農薬や化学肥料を使わないことで、土や水や大気の汚染を防ぎ、農場で働く人たちの健康を守ることができます。また、農薬や化学肥料の生産段階でたくさん排出される二酸化炭素も減らせるというメリットがあります。

出典: www.kenyakidz.com

オーガニックコットンの商品は、肌に優しいという理由ではなく、環境保護のために購入するものだったんですね。

オーガニックコットンを使った商品は、通常のものに比べると格段に数が少なく選択肢も狭いので、今後デザインやアイテムが豊富になってくると嬉しいですね。